結婚式招待状のペーパーアイテム。オリジナルデザインを各種取り揃えております。

  • よくあるご質問
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

ペーパーアイテム豆知識

ウェディング・ペーパーアイテムづくり18年の経験を生かし、ペーパーアイテムに関する
準備の時期・しきたり・マナーについてご紹介します。

  招待状について   メニューについて   席次表について   席札について  

招待状について

招待状についてのポイントをまとめました。
大切な日の準備、だからこそしっかりとポイントを押さえておきましょう。

準備の時期と注意点

挙式日の約2ヶ月前にポストへ投函します。
約1ヶ月前に返信はがきの返事が来て、当日の席次などを決める作業に入りますので、挙式日の約3ヶ月前までには、 出席者リストを作り、招待状の製作に入らなくてはいけません。

各結婚式場、ホテル等で記載等の決まり事がありますので、配布された文例集を見て、製作します。
校正原稿を各結婚式場、ホテル等で確認してもらってから印刷に入ると確実です。

招待状のポイント
Point1 ご家族やご夫婦の場合の招待状は1通で大丈夫です。
   
Point2 下記の場合招待状が新たに必要になります。
・欠席者が出て、新たな方を招待する場合。
・宛名違いで届かなかった場合。
   
Point3 印刷や宛名書きをご自身でする場合、予備は必ず必要になります。
一般的な招待状アイテム一式
※e-shopの招待状セットにすべてが含まれているわけではありません。
本状 表紙、中紙(中紙に本文を印刷します)、紐。
リボンでアレンジしても可愛らしくなります。
※招待状セットではカバーと中紙になります。
封筒 差出人の住所・名前を印刷します。
返信はがき 出欠のはがきです。返信はがきの受取人の住所・名前を印刷。
返信先を両家ごとに分ける場合は2種類必要に
なります。
シール 封筒に貼ります。
挙式付箋 挙式に招待する方に同封します。
※ペーパーアイテムe-shopでは
  付箋を別に致しました。
スピーチ付箋 スピーチをお願いする方に同封します。
※ペーパーアイテムe-shopでは
  付箋を別に致しました。
地図 挙式会場、披露宴会場の地図を同封します。
会場に用意があります。
※招待状セットには含まれません。
切手 慶事用の切手。郵便局で購入出来ます。
返信はがき用52円、封筒用92円。
※招待状セットには含まれません。
 
このページのTOPへ戻る

Copyright (c) Papreitem e-shop Co.,Ltd. All Rights Reserved.